萌尽狼グ

同人音楽サークルkaguyadepth代表、萌尽狼(もえつきろ)の個人ブログ

ガルパン風ヘリSTGオンリーアレンジCD『空中戦車道』特設サイトが完全復活&完結!

f:id:moetsukiro:20180605163156j:plain
http://asialunar.info/works/gup.html

2014年11月に発表した、ガールズ&パンツァー風・ヘリコプターシューティングゲーム・オンリーアレンジCD『空中戦車道』の特設サイトが昨夜、全面リニューアルで完全復活しました。

ガルパンの劇中にも、フォッケ・アハゲリスFa-223ドラッヘや、OH-1ニンジャといった軍用ヘリコプターが登場しますが、空中戦車道とはいったい? 戦車が空を飛ぶのでしょうか?
いいえ、第二次世界大戦中は未来の兵器として、現在の攻撃ヘリコプターのことを空中戦車と呼んでいたのです。空中戦車道とは、攻撃ヘリコプターで行う武道のことです。

さて、テレビゲームの歴史はシューティングゲームから始まりました。1980年代はベトナム戦争攻撃ヘリコプターが活躍した後ということもあり、またテレビドラマ『超音速攻撃ヘリ エアーウルフ』がヒットしたこともあり、シューティングゲームの自機として攻撃ヘリコプターが大活躍しました。
そして東亜プランの『究極タイガー』のヒットによって緊急回避ボムという現在の縦スクロールシューティングが確立します。

しかし、東亜プランはその後倒産し、ケイブに移籍した開発スタッフは弾幕シューティングという新たなジャンルを切り拓いて行きました。
近年はヘリコプターシューティングゲームの数も少なくなってしまいましたが、『怒首領蜂』シリーズのBヘリや『ケツイ~絆地獄たち~』といった形で脈々と受け継がれているのです。

こうしたヘリコプターシューティングゲームの歴史を、ガルパンワールドになぞらえた作品が空中戦車道というわけです。
後ほどストーリーを紹介しますが、ぶっちゃけるとBATSUGUN時代の東亜プランに憧れてケイブに行ったけど、なんか違ったので東亜プランに行ったら既に潰れていたので、東亜プランを復活させてグレフケイブと対戦する」っていうお話です。

ガルパンの二次創作ということもあり、ガルパンを知らないレトロゲームファンにはとっつきにくいかもしれませんが、『空中戦車道』は実はレトロゲームファンにこそ手にとっていただきたい作品なのです。
特設サイトは、ひたすらマニアックに作り込みました。ガルパン風にアレンジしているとはいえ、これほど多くのヘリコプターシューティングゲームが一堂に会したサイトは、他にはないのではないでしょうか?

というわけで、ここまで読んでビビっときた人は、ぜひ『空中戦車道』の特設サイトにアクセスしてみてくださいね!
http://asialunar.info/works/gup.html

続きを読むから先では、今回のリニューアルの見どころを紹介していきます。

続きを読む

構想18年、ASIA LUNARオリジナル作品『みこたん~巫女と戦車と滝川と~』がついに完結しました!

f:id:moetsukiro:20180527063533j:plain

構想18年、ASIA LUNARオリジナル作品『みこたん~巫女と戦車と滝川と~』がついに完結しました!
昨日5/26、特設サイトがオープンしました。
http://asialunar.info/mikotank.html


みこたんとは

『みこたん~巫女と戦車と滝川と~』は、北海道滝川市を舞台に巫女さんが霊力と戦車で鬼と戦う物語です。

2018年は北海道命名150年、滝川市制施行60年の節目の年。

滝川市には、

があり、古くから交通の要衝として栄えてきました。

滝川は屯田兵が開拓した町です。
空知炭田を後背地とし、炭鉱マンの盛り場として商業が発展しました。
戦時中には石炭から石油代替燃料(人造石油)を造る軍需工場があり、戦後その跡地に北海道電力の石炭火力発電所があったため「エネルギーのまち」と呼ばれることもあります。

『みこたん~巫女と戦車と滝川と~』は実家が神社で巫女さんの女子高校生が石炭から人造人間を造り出したマッドサイエンティストと戦う物語ですが、この作品をきっかけに年追うごとに失われていく北海道人造石油関連施設など、滝川市の歴史や文化に興味を持っていただければ幸いです。


サイト内容について

大きく「作品概要」「前日譚」「設定資料」の3つに分かれています。
従前『みこたん』特設サイトには不可欠だった滝川市紹介については、先日公開の『北海道滝川市フォトギャラリー』として完全に分離しました。

「作品概要」では、下記についてまとめました。

  • みこたんとは
  • あらすじ
  • 登場人物
  • 用語解説
続きを読む

北海道滝川市の菜の花は滝の川エリアが穴場!

f:id:moetsukiro:20180524203027j:plain

滝川市は5/23~5/29が菜の花ウィークで、5/26~27に2018たきかわ菜の花まつりが開催されますが、イベント会場ではない滝の川エリアが実は穴場なんです。
江部乙は特急停車駅ではないので、車でないと不便ですが、滝の川はバスも近いし食べるところもいっぱいあります。
見渡す限りの菜の花畑とはいきませんが、人混みが苦手だったり、マイペースに撮影を楽しみたい方にはオススメです!

続きを読む

ASIA LUNARウェブサイトに「北海道滝川市フォトギャラリー」を追加しました

f:id:moetsukiro:20180523134253j:plain
http://asialunar.info/takikawa.html

ASIA LUNARウェブサイトに「北海道滝川市フォトギャラリー」を追加しました。
滝川市の見どころをスライドショーで紹介するフォトギャラリーです。
パソコンでフルスクリーン推奨です。スマホだとちょっと重いかもしれません。

昨年7月にいっときだけ「みこたん」特設サイトがこのスライドショー形式になりましたが、今回はそれを改良したものです。
「みこたん」とは完全に切り離して滝川市を紹介するだけのページになりました。
写真は滝川に帰ってきた2016年11月以降のものですが、一部2011年撮影のものもあります。また消滅した神社があり、そこだけ2004年の写真を使っています。

メニューは「滝川市の見所」「観光」「公園」「教育」「食」「買物」「交通」「産業」の8つに分かれており、「滝川市の見所」が自動再生になっています。
神社は「観光」に入っています。特に「公園」が充実しています(これでもまだ主要な公園では「滝川西公園」が入っていません)。
2002年から作り始めた「みこたん」のロケハン写真から始まったフォトギャラリーなので、他の観光ガイドにないチョイスになっていると思います。

キャプションですが、スマホではタイトルのみの簡易表示となっています。
パソコンでは説明文が表示されます。

スクリーンセーバー代わりにもなります(笑)
ぜひアクセスしてみてください。よろしくお願いします。

ASIA LUNARウェブサイトに小説集ページを追加しました


(c) .foto project

http://asialunar.info/works/novel.html

ASIA LUNARウェブサイトに小説集ページを追加しました。

過去に何度か小説ページを作成したことはありましたが、身内ネタでどうにもお見せできないものを除いて、ゲーム12作品、アニメ1作品、オリジナル16作品と、これほど多くの作品をまとめたものは今回が初めてです。

作品発掘作業はお世話になった方々・団体の皆さん(リンク集)の作成と同時進行だったため、先日追加したイラストギャラリーよりも時間がかかりました。現状、過去にウェブ公開済みの作品を中心にまとめましたので、今後企画書などが見つかれば作品が増える可能性があります。

なお、未完の『みこたん~巫女と戦車と滝川と~』に関しては、制作時期によって設定が異なるなど複雑なため、後日あらためて特設サイトをまとめなおす予定です。

以下、レイアウトの都合上、サイトにはあらすじなどを載せてないので、こちらで作品紹介します。

続きを読む