萌尽狼グ

音系同人サークルASIA LUNAR代表、萌尽狼(もえつきろ)の個人ブログ

M3-2013秋お疲れ様でした

f:id:moetsukiro:20131103183858j:plain
M3-2013秋お疲れ様でした。
TRCで開催されたM3の参加は初めてではない(むしろ初参加のM3-2000秋がコミクリ11と併催でTRCだった)のですが、フリースペースがあって企業ブースがあってというM3は初めて。
3年のブランクは大きいのです。
第二展示場だけで大田区産業プラザPiOで開催されていた頃のM3ほどのサークル数。ざっと見て回るだけでも一苦労です。
f:id:moetsukiro:20131103192855j:plain
事前にサークルチェックをする余裕もなく、知り合いのサークルだけ明け方のサンライズ出雲の車内(写真のB個室シングル)でワタワタとやっただけだったので、二展を歩いてて思わぬ知り合いと出会ったり。
スィープに細江さんがいなかったのが残念…
f:id:moetsukiro:20131103183927j:plain
うちのブースはこんな感じでした。サンライズ出雲に乗る数時間前までジャケット印刷したりポスター作ったりしてました。できたてホヤホヤです!
おしながきは事前に準備してまして、ブックスタンドはダイソーで見つけたものを適当に。旧作頒布なしなのでいたってシンプルですね。原点回帰とでもいうべきか。
新作『ふぉ~ぽりふぉにっくまじっく8』は40枚ほど頒布し、残りはその日のうちにあきばお~さんに納品してきました。40枚というと少ない感じがしますが、うちのサークル的にはいつも通りの成果でした。
でも捌けたCDともらった・買ったCDの量が一緒で、荷物減ってねぇガガーン!というのが正直な感想…


さて、反省会。出雲に来てから初めての同人音楽CD制作ということで、環境や考え方の変化から作り方がいろいろ変わりました。

マスターCDからイメージファイルを作成

従来ASIA LUNARのCDはB's RecorderにマスターWAVファイルを読み込んで焼いていただけだったので、CDDBに登録してもロット違いで反映されない等の問題がありました。
今回は三菱化学メディアのマスターCD-Rを購入し、リッピングしてイメージファイルを作成。このイメージファイルを書き込むことでロット違いによる差異をなくすことにしました。
イメージファイルはCyberLink Power2Goでも作成することが出来ますのでマスターCD-Rの手順は不要ですが、独自形式のイメージファイルなので、汎用的なイメージファイルを吸い出すことにしました。

CD-TEXT対応

これはクロスフェードデモをSound Cloudで公開した際に英訳したトラックリストの流用なのですが、CD-TEXTは全角のみもしくは半角のみで作成、全角半角を混ぜるとプレーヤーによって表示できない場合がありNGというルールだそうで、ゲームタイトルなどは全て海外版準拠で入っています。
PCで再生される場合、またMP3に変換する際にCDDBよりCD-TEXTを優先してID3タグに反映させる環境の場合、自動的に英文で曲名が表示されるようになります。『悪魔城ドラキュラ』が『スーパーキャッスルヴァニアIV』とかになるので不便かと思いますが、これはこれで。
日本語のCD-TEXTを含むオーディオCD作成について - 車のカーオーディ... - Yahoo!知恵袋

ライナーノーツの簡略化

CDを作りながら特設サイトをガシガシ更新していくのが自分流。特設サイトに掲載している情報が全てなんで、そのままスクリーンショットとって終わりにしようかと思ったくらいですが、さすがに見た目の問題もあるので似せて編集しました。結果的にFMPSGと似てしまったようで。
1曲1曲にコメントをつけるのが、なんとなくイヤになったのでやめました。今回は、コンセプトも変わったのでまずはそこをはっきり伝えるべきだろうと。
トラックリストが見えるように封入したのは前作の反省点です。

ジャケットに半光沢紙の採用

もともと松竹梅ありまして。松はプレス、竹はジャケットのみ印刷屋に出す、梅は全部手作り。盤は9月末にできていたものの、印刷物が全くの未着手で、プレスや印刷屋の〆切をことごとくぶっちぎってしまったため、泣く泣く自分で印刷するハメに。
どうも過去の自分は光沢紙が苦手だったようで、ずっと中厚口のスーパーファイン(マット紙)を使っていたのですが、印刷屋の仕上がりに近いということで今回は半光沢紙を採用しました。

プラス インクジェット用紙 お手軽光沢紙 A4判 100枚入 IT-221GE 46-053

プラス インクジェット用紙 お手軽光沢紙 A4判 100枚入 IT-221GE 46-053

盤面印刷なし

これはプリンタの性能に依存するものなので致し方ない部分が大きいのです。
今使ってるプリンタはリサイクルショップで1600円で買ってきたものなので…

いちおう、シャチハタをオーダーメイドしてタイトルロゴだけでも入れようとまでは考えていたんですけどね、ないんですよ、プリンタブルCD-Rの盤面にはんこを押してもいいっていう確たる証拠が。
プリンタブルですから普通の油性インキではなくて水性インキにすれば問題ないだろうなーというところまではわかるんですが、やっぱり不安なのですよ。少額といってもオーダーメイドなので。
タートという工業用のスタンプ台もあるそうなんですが…
このへん「大丈夫!お姉さんにまかせなさい!!」という人(なぜお姉さん限定?)がいたらぜひ手取り足取り教えていただきたいっ!!

試聴機

以前はPSPを使っていたのですが実家に置いてきてしまったのでVITAにしました。
やっぱりというか、L・Rボタンで頭出ししようとしてる人がいましたね。
なまじ見た目が同じゲーム機で、インターフェイスが全く異なるとこういうことが起こります。
ソニーさんには反省していただきたい。
ヘッドホンはM3用にこれを調達しました。2000円という安さを考えると意外とよく出来てます。

JVC HA-S400-R 密閉型ヘッドホン 折りたたみ式 レッド

JVC HA-S400-R 密閉型ヘッドホン 折りたたみ式 レッド

『萬両箱』から『ふぉ~ぽりふぉにっくまじっく8』へ企画変更の紆余曲折

当日ツイートでもフォローしましたが、サークルカットにはデカデカと『萬両箱』で載ってまして。


思い出したくもないことも多々あるので端的に言うと「萬両箱というタイトルに引きずられてダウナーになり、このままではCDが完成しないと思ったので改題した」って感じでした。
EDIA LABEL時代のことを知らない人のために補足すると、『萬両箱』っていうのはラストアルバムだったんですね。コナミ矩形波倶楽部の『千両箱』のパロディである以前に、そっちの方が重い。
大風呂敷広げちゃったなぁ…というのが今回最大の反省点かも…
f:id:moetsukiro:20131103201005j:plain
▲これは山陰の味「大風呂敷」

ジャケ絵

pixivにも書きましたが10月はジャケ絵にかかりっきりでして。

【ゲームボーイ】「ふぉ~ぽりふぉにっくまじっく8 ジャケット」イラスト/萌尽狼 [pixiv]
ゲームレジェンドみたいなゲームキャラがたくさんいる絵にしようというアイディアはもともとあったのですが、それをふぉ~ぽりふぉにっくまじっく6以降の「女子高生とゲームボーイと微エロ」にどうからめていいのか?
あとはひたすらブランクとの戦いですね。結局夏に用意したペンタブは塗りにしか活かせませんでした。よく見ると色が間違ってたり主線が抜けてたりするところが(ノ∀`)アチャー
ちなみに未消化の「微エロ」に関しては18歳以上の方にオマケを用意しました…
企画が『萬両箱』で進んでいた頃は十字ぼたん・天堂ひとみコンビに粳麻唯を加えた3人で考えていたので、十字ぼたんしか描けなかったのも反省点ですねー。
そういえばチラシの裏的に「KILLER LOVE」にかけたジェイムス・バートンとヴェノム博士の受け攻めネタも描くつもりでいた時期がありましたが、やっぱりやってる人いましたねぇ。

【MSX】「「きっと目の数が足りてないのさ。」」イラスト/タデ [pixiv]
俺の考えと受け攻めが逆ですが。


CDの内容的には大変充実したものになりましたが、人によってはあっさりしてると思われたかもしれません。