読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

萌尽狼グ

音系同人サークルASIA LUNAR代表、萌尽狼(もえつきろ)の個人ブログ

実家から北海道のうまいもんが届いたよ

[地域:北海道] [食]






旭川人には壺屋の「き花」、滝川人には花月堂の「滝川旅情」というソウルフードがある。
「スライスアーモンドを原料にしたクッキーにホワイトチョコをサンドした香ばしいお菓子」(公式サイトより)で、味はき花より濃厚。ただしき花には冷やして食べてもおいしいという特徴がある。
白い恋人やマルセイバターサンドなどを例に挙げるまでもなく、北海道銘菓の数々は全国各地にさまざまな類似商品が存在するものの、決して同じ味というものはない。
「滝川旅情」も北海道滝川市限定の、オンリーワンな味なのだ。
ミルクカステーラという商品名で1個60円で売られているものが定番。お土産物屋では写真のように5コパックでやや小さいものが売られていることが多い。
カステラといえばしっとりしたお菓子だが、ミルクカステーラはフカフカで水気は少ない。ベビーカステラ(北海道では東京カステラという)にやや近い食感のお菓子である。
砂川はメロンゼリー・とうきびチョコのホリなどお菓子屋さんが多く、桃太郎電鉄で物件駅になったことがあるほど(隣町の滝川市生まれとしてはなんとも歯がゆい…)。
北菓楼といえば北海道開拓おかきが好きな人も多いと思うが、実家からはなぜかこれが送られてくることが多い。北菓楼の数あるラインナップの中ではマイナーな方だと思う…

あめせんも大甞飴同様、あったかいと溶けてしまうため冬季限定生産。若者離れが深刻なようで、南部せんべいをやわらかくし、割ってみんなで食べられるように工夫した商品であるらしい。
北海道は地産地消が盛ん。北海道限定という文字をスーパーマーケットで見ない日はない。つまり、北海道限定=観光客向けのフレーズではないのね。ななつぼしもまだまだ道外では入手が難しいお米であるが、北海道ではご覧のとおり。
レトルトカレーも入っていたので、今晩はそれを夕食にします。