萌尽狼グ

同人音楽サークルkaguyadepth代表、萌尽狼(もえつきろ)の個人ブログ

北海道COMITIA10新作『ツァイトライゼパンツァー』

北海道のチップチューナーscythe(サイズ)さんとのコラボレーション企画で、多方向スクロールのシューティングゲームを仮想したゲームサントラ仕立てのチップチューン曲集です。

コンセプトはタイムパイロット×グラナダ。タイムマシンで逃亡したヒットラーの復活を阻止すべく、時間旅行戦車(ツァイトライゼパンツァー)を駆って過去へ未来へ猛追撃!!

2019年6月30日(日) 北海道COMITIA10 スペースNo. H13「kaguyadepth」

詳細は特設サイトをご覧ください

ヴォイド・ギア/渡部恭久

ヴォイド・ギア

ヴォイド・ギア


Tr.2「Herz des “Void Gear” -stage 1-」が脳内ループして離れないので感想をまとめたい。


https://twitter.com/yousukeyasui/status/448812204876263424


https://twitter.com/yousukeyasui/status/448820287518158850











ヴォイド・ギアはタイムリープものなのだろう。


渡部恭久という人物の来歴を考えると、サイバリオンで頭角を現したのが1988年。
奇しくもPCエンジンCD-ROM2システムが発売された年である。


ヴォイド・ギアはその当時のCD-ROMサウンドというコンセプトで制作されている。
1991年のメタルブラックでYack.サウンドが確立されるよりも前にタイムリープしたのだろう。


ifの世界である。
今でこそZUNTATAのYack.ではないが、これこそまさにZUNTATAのYack.ではないのだ。


ありえたかもしれない、もうひとつのYack.サウンドワールドの幕開けである。