萌尽狼グ

音系同人サークルASIA LUNAR代表、萌尽狼(もえつきろ)の個人ブログ

高射砲道の模索




三すくみの法則(じゃんけん)で考えると、戦車道はグー、空中戦車道はパー、チョキは…?
高射砲道なんじゃないだろうか?


武道には武具を用いて行うもの(剣道など)とそうでないもの(柔道など)があり、武具を用いて行うものにたとえると、戦車道は剣道であり、高射砲道は弓道である。


ただ、第二次世界大戦のドイツの8.8cm高射砲(アハト・アハト)は対戦車砲としても有効であり、三すくみの法則は崩れてしまう。また、高射砲ではなく対空戦車とした場合、戦車道とかぶってしまうという問題がある(ただし、連盟はオープントップ型の車両を認めていない)。


空中戦車道の続編としての、ゲーム音楽アレンジ企画としては、先のツイートに挙げたように、「地上の固定砲台から空中物を狙い撃つゲーム」というくくりになる。地上の固定砲台というのがミソで、これが可動砲台だとスペースインベーダーになってしまう。


このくくりに当てはまるゲームは『ミサイルコマンド』と『パズルボブル』。両者ともいくつかのバリエーションがあり(あずまんが大王とか)、曲数は確保できそうなものの狭すぎる。このカップリングは誰得?


固定砲台というと最近流行りのタワーディフェンスゲームも該当する要素だが、必ずしも空中物を狙い撃つわけではないので似て非なるジャンルといえる。まあ、ミサイルコマンドも都市を守るのが目的だからタワーディフェンスゲームと言えなくもないが…


奥成氏がいうプッシャーというメダルゲームは、「メダルをマシンの中に投入すると、内部にある押し板によりマシンの中に入っているメダルが押し出されて、当たり口の中に落ちたメダルを獲得する事が出来る」(Wikipediaより)ものであり、確かにパズルボブルに類似する要素はある。ただ、ミサイルコマンドにも誘爆という要素はあるが関連性は低い。固定砲台からも外れる。


というわけで企画としては保留中。


あんこうチームだと五十鈴華(砲手)と秋山優花里(装填手)を引っ張ってくればいいかな?