萌尽狼グ

同人音楽サークルkaguyadepth代表、萌尽狼(もえつきろ)の個人ブログ

北海道COMITIA10新作『ツァイトライゼパンツァー』

北海道のチップチューナーscythe(サイズ)さんとのコラボレーション企画で、多方向スクロールのシューティングゲームを仮想したゲームサントラ仕立てのチップチューン曲集です。

コンセプトはタイムパイロット×グラナダ。タイムマシンで逃亡したヒットラーの復活を阻止すべく、時間旅行戦車(ツァイトライゼパンツァー)を駆って過去へ未来へ猛追撃!!

2019年6月30日(日) 北海道COMITIA10 スペースNo. H13「kaguyadepth」

詳細は特設サイトをご覧ください

フリーの黄前ちゃん(Euph.SF2)はピッチが高い問題


Euph.SF2は数少ないユーフォニアムのサウンドフォントですが、ひとつだけ欠点があります。
それはチューニングが合わないということ。
測ってみたらB♭(ベー音)=446.5Hzもありました。高っ!
f:id:moetsukiro:20151025162856j:plain


PreSonus Studio One 2のサウンドフォントプレーヤーPresenceはピッチが数値入力できませんのでチューナーを見ながらノブを回して自力で合わせる必要があります。不便!!


PresenceでUVI Orchestral Suiteにないサックスとユーフォニアムのサウンドフォントを鳴らしています。
サックスのサウンドフォント(SamplePhonicsのSax on the Beach)は440Hzで合っているので、黄前ちゃんだけピッチが高い状態です。
本当はオケ全体を443Hzに合わせたかったんだけど、そうするとPresenceのクソ仕様のせいでサックスまで手動でピッチを合わせなくてはならなくなるので、黄前ちゃんだけピッチを合わせて440Hzで行くことにしました。

440Hz初期状態

f:id:moetsukiro:20151025163830j:plain

440Hzチューニング後

f:id:moetsukiro:20151025163914j:plain

443Hz初期状態

f:id:moetsukiro:20151025163932j:plain

443Hzチューニング後

f:id:moetsukiro:20151025164005j:plain


だいたい9時の方向でチューニングが合いますが、ノブが小さいうえほんのちょっとした加減でピッチがずれるので、細かいマウスの操作にイライラします。
ピッチを数値入力できるサウンドフォントプレーヤーってあるんだろうか?
それともピッチくらいMIDIRPN送信しろってことなんだろうか?
Studio OneってイベントリストないからRPNめちゃ編集しづらいじゃないですか、ヤダー