萌尽狼グ

音系同人サークルASIA LUNAR代表、萌尽狼(もえつきろ)の個人ブログ

『禁重音狂奏曲』7月16日に作った3曲について

Into the Rising Sun/萌尽狼

機動警察パトレイバー the Movie』の「朝陽の中へ」風の曲を作りました。

作曲中は頭の中が『エアバスター』のエンディングとごっちゃになって大変でしたが、この2曲のメロディーラインをなぞらないようにするのが大変でした。
曲の構成はできる限り元ネタに似せたつもりですが、高揚感のある展開にメロディーラインがうまくハマらない箇所があり、越えられない壁を実感しました。

さて、1音チップチューンでは通常、表拍にリズム隊、裏拍にメロディーを打ち込むのですが、これだと16ビートが打ち込めないので、メロディーの表現力を犠牲にして表裏逆転させることで、無理矢理16ビートを1音に押し込めてみました。
無理ならあきらめようと思っていたら、出音はどうであれ16ビートが打ち込めてしまったので、これは作らないわけにはいかなくなったぞ、ということでオリジナルのメロディーラインを探り始めたわけです。
ここにきて(って実質3日間くらいしか作業してませんが)技術的なブレイクスルーが来ようとは思ってもみませんでした。

1音なのでいろいろ削ったのですが、イントロから存在感のあるシンセパッドの音はなくすわけにはいかず、VRC6相当の矩形波8音色を並べてフィルター開閉っぽくしてみました。
これDMG-CPU1.5.SF2を作る以前からやってみたかったことではあるのですが、ただ瞬時に波形を切り替えただけだと実はあんまり面白みがなくて、使いどころに困っていたわけです。

ちょうど10曲目ですし、第1部完って感じの曲になりました。
同じメロディーでもう1曲作ろうと思っています。


Millennial Fair/萌尽狼

9曲目は8曲目を作ってる最中に浮かんできた曲です。作曲中に別の曲が出てきておいしいメロディーだとやっかいですね!
これもトラック分けして音色差し替えようかと思いましたが、ごちゃついたので結局矩形波で完成しました。

曲名は光田康典さん風だけど曲調は植松伸夫さん風かな?って気がします。
普段こういう曲は作らないので、光田康典さんの影響であることには間違いないのだけど。
(意外に思われるかもしれませんが『The Brink of Time』はかっこいいのでずっと聴いているんですよ)

8曲目はマーチでしたが、これも頭の中では笛を先頭に人々が踊りながら進んでいくイメージなのでマーチなんですよね。
それで、イントロとメロディーで調が違うので、ループさせるときどう結びつけようかと思いましたが、1音だからN.C.(ノン・コード)でいいやっていうことにしました。


Death March/萌尽狼

一昨日作成したドット絵で宇宙人のイメージが固まりました。
今まで手探りで作ってきたものが、これからはイメージに引っ張られる形になっていきます。

それで8曲目は案の定、怪獣モノっぽい雰囲気になってしまいました。
ここまでイケイケで快進撃を続けてきたわけですが、そろそろ落伍者が出て、死の臭いがし始めてもよいのではないかと。

ここまで矩形波一辺倒だったのでここから波形メモリ(音色はVRC6)とノイズを使って雰囲気を変えています。

あのフェネック耳のウーパールーパー宇宙人、かわいい顔して結構こわい存在なんじゃないかと。


オリジナル曲募集中

現在制作中のモノフォニック・チップチューン・アルバム『禁重音狂奏曲』ではオリジナル曲を募集しています。
詳しくは特設サイトをご覧ください。

http://asialunar.info/monophonic_chiptune.html

今10曲完成で約25分なのでまだまだ余裕あります。目標は20曲なので、20分くらいゲスト枠を用意できそうな感じです。

短い曲でもOK。興味はあるけど作れるかどうかわからないという人も、参加表明だけでもOKです。Twitterでこちらからフォローしていない方はリプ送ってください。
よろしくお願いします。