萌尽狼グ

音系同人サークルASIA LUNAR・kaguyadepth代表、萌尽狼(もえつきろ)の個人ブログ

過去22年分220枚のイラストギャラリーを公開しました

f:id:moetsukiro:20180508085521p:plain
http://asialunar.info/works/illustgallery.html

ASIA LUNARウェブサイトにイラストギャラリーを追加しました。ナビゲーションメニューのWorkから入れます(以前トップページにあったフォトギャラリーもここに分けました)。
過去22年分のイラストは220枚にものぼり、枚数が多いのでページは4分割しています。

同人音楽CDのジャケットや同人誌、ホームページのトップ絵などで描いたものを、ジャンルを問わず、絵柄が安定する前のものや、未発表のラフも含めて、可能な限り取り上げました。
サムネイルをクリックするとモーダルウィンドウで拡大され、いつ頃に描いたなんなのかの説明が表示されます。ぜひ見てみてください。



以下、編集後記。

GW中はひたすら過去絵を発掘していました。
私には長年「自分は絵を描いていない方だ」「だから描けないんだ」というコンプレックスがあります。

発掘調査を進める中で、20年間同人活動しているんだから、月1枚描いたとして年12枚、20年間で240枚は描いているだろうと予想しましたが、実際には22年前の1995年までさかのぼることができ、全部で220枚のイラスト(ラフ含む)が見つかり、おおむね予想通りの結果になりました。

ただし、ザコビーパラダイスの設定資料、ウィンビー国民的アイドル化計画の活動、小~中学生の頃に描いていたグラディウスダライアスのオリジナルボスなどは除外した数です。それらを含めればもっと多くなるのですが、稚拙だったり内輪向けだったりして説明するのが面倒なのでそっ閉じすることにします。

記憶をたぐり寄せる中で、スキャナを持ってなくて、ワープロやホームページで使いたい絵をマウスで描いていた、絵柄の安定していない時期のものも取り上げました。何をもって黒歴史とするかは人それぞれですから、みっともない絵を上げないでくれと思う方もいらっしゃるかもしれません。けれども、忘れていた記憶を取り戻し、過去を俯瞰することが目的なので、絵柄が拙くてもダメだと思わないことにしました。

活動ジャンルを問わず、時系列で振り返ってみると、バンタン電脳情報学院に入ってMSXTraiNのモオソフト青井大地さんから手ほどきを受けた後の絵の安定感や、沙羅曼蛇2版ビックバイパー擬人化の銀河刑事・冴佳は山文京伝先生に、アルティメディアのアルバムでボツにしたちょっと表情が硬い粳麻唯は的良みらん先生に影響を受けてるなど、あらためてはっきりしてくることがいくつかありました。

中には、ファイル名ではエレメントハンターとしかわからず、何のキャラをいつ頃描いたのか覚えてなくて調べるのに手間取ったりしましたが(第21話「未知なる脅威!金属生物」第34話「カーの決断!コロニーへの降臨」に登場した李銀姫と判明)、忘れていたものの中には驚きもありました。

さっきの冴佳もそうなのですが、年賀状に描いて大々的に告知したもののその後が続かなかった重工戦記・蔵星の新キャラ(ミレニアム少女)も、絵柄はともかくキャラクターの引き出しとして、またいつか描いてみたいなと思いました。

ちなみに私は今でも色塗り、特に色を作る(決める)ことが苦手なのですが、古い作品はPS「クロスロマンス~恋と麻雀と花札と~」のCD-ROMに入っている立ち絵や壁紙から色を拾って塗っていました。なので、わかる人にはどこかで見たことがあるようなカラーリングになっていると思います。

また、同様に古い作品には言わないとわからないネタも入っているので、文字数の許す限り説明を入れました。こんなこと、よく覚えているもんだ(笑)

  • 空牙のライフィス・D・アリネス嬢は、めぐぴんの矩形波探偵団(コナミレーベル初期CDブックレットの連載コーナー)と同じポーズ。
  • 一番最初に描いたアルティメディアの遠藤早矢の服は、森下薫の漫画「海賊惑星 ル・アーク」の竜素服が元ネタ。
  • 一番最初に描いた重工戦記・蔵星のタイトル画面は、OVA沙羅曼蛇のステファニィと同じポーズ。

※めぐぴんの矩形波探偵団はググっても画像が出てこないので、気になる人は昔のCDを探してみてください。

まとめると、確かにエグゼリカすりーさんといった特定の作品を集中的に描いていた時期があり、描いている時期と描いていない時期があるのは確かだし、3.11以降は描く枚数が激減したのも確かなんだけど、決して描いていないわけではないし、ラフやモノクロも多いし、絵柄もずっと変わらないんだから、描けないことをくよくよ悩むもんでもないよなあと思いました。