読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

萌尽狼グ

音系同人サークルASIA LUNAR代表、萌尽狼(もえつきろ)の個人ブログ

ASIA LUNAR 10周年

2017年1月1日になりました。ASIA LUNAR 10周年です。

2006年12月31日のコミックマーケット71で『えでぃあ すぺしゃる みゅ~じっく 萬両箱 ~活動満了記念~』の頒布をもって、前身サークルEDIA LABELは活動満了し、翌2007年1月1日から(新)ASIA LUNARとして活動開始して本日で10年経ちました。(旧ASIA LUNARはEDIA LABELの一次創作用別サークルとして2002年夏頃に活動開始、2003年ミニゲーム『アキバで迷子』を発表)

ASIA LUNARは当初『みこたん~巫女と戦車と滝川と~』というゲーム企画(ウェブサイト上でPBeMを展開後、3DSTGを企画するも頓挫)のために名義変更したのですが、EDIA LABELでやり残した沙羅曼蛇2仮想続編サントラ『STARIZER(ステイリゼル)』のリメイク企画『XTARIZER(エクステイリゼル)』や、M3-2005春で頒布して以降人気だったゲーム音楽ゲームボーイ音源でダウングレード再現するチップチューンCD『ふぉ~ぽりふぉにっくまじっく』を続けること、また2006年に発売されたスク水高機動シューティングゲーム『トリガーハート エグゼリカ』にお熱だったこともあり、ASIA LUNARになっても『みこたん』は目立った進展を見せることなく、活動内容はEDIA LABELを継承したものとなりました。

「一年の計は元旦にあり」といいますが、ASIA LUNARとして10周年に何をすべきか?と考えたときに、どんな形でもいいので『みこたん』を一度完結させるべきではないか?との結論に至りました。

一昨日、急に決めたことなので現時点でお見せできるものは何もありませんが、旧『みこたん』をベースに全く新しい『みこたん』をイチから練っている最中です。

作品の発表形態としては音楽CD、ストーリーのボリュームによってウェブサイトもしくは同人誌を展開する形になると思います。
作品としてはストーリーが軸ですが、私が作りたいものとしては最終的に音楽が軸になる創作物(創作形態)です。
作品の頒布はM3(春は無理なので早くても秋)、あと参加したことがないのでよくわかりませんが一次創作なのでコミティアも視野に入れることになるでしょう。

『空中戦車道』の方は「人生には大切な時が何度か訪れる、でも今はその時じゃない」ってミカさんも言ってるんだし、今は放っておこうと思います。
『旧校舎爆撃隊』に関しては、あの時点ではベストを尽くしたが、やっぱりショップ委託するには納得のいく出来ではないので、現時点ではイベント頒布のみということにさせてください。すみません。

それでは本年も音系同人サークルASIA LUNARをよろしくお願いいたします。