萌尽狼グ

同人音楽サークルkaguyadepth代表、萌尽狼(もえつきろ)の個人ブログ

M3-2019春新作『ツァイトライゼパンツァー』

北海道のチップチューナーscythe(サイズ)さんとのコラボレーション企画で、多方向スクロールのシューティングゲームを仮想したゲームサントラ仕立てのチップチューン曲集です。

コンセプトはタイムパイロット×グラナダ。タイムマシンで逃亡したヒットラーの復活を阻止すべく、時間旅行戦車(ツァイトライゼパンツァー)を駆って過去へ未来へ猛追撃!!

2019年4月28日(日) M3-2019春 第二展示場2F シ-27x「kaguyadepth」

詳細は特設サイトをご覧ください

ゲーム音楽についていろいろ思うこと
















古代祐三 BEST COLLECTION Vol.2

古代祐三 BEST COLLECTION Vol.2

ベスト・コレクションというタイトルながらザ・スーパー忍ベアナックルI~IIIのBGMを完全収録しているCD3枚組。アルファレコードのGMOから発売されたCDには未収録だった曲も入っている。すべてメガドライブのゲームだが、PC-88の音で収録されているなど、古代祐三に関する知識が聴く側に求められているCDでもある(古代CDは全般的にそうだが…)ベアナックルIIIはプログラムで自動作曲したものを手直しして使っているそうで、非常に人を選ぶ音楽といえる。
スペースインベーダーエクストリーム2 オーディオエレメント

スペースインベーダーエクストリーム2 オーディオエレメント

ニンテンドーDSで発売された「音ゲー」である。そのため、効果音をかぶせた状態で収録されている点にGMOらしさを感じ取ることができる。楽曲構成もCD用に編集されているようで、あえてゲームのまま効果音を抜いたバージョンも一部収録されている。YMCKなどがアレンジしたバージョンもノリがいい。ゲームの方は入手困難だが、輸入品が動くので輸入品を探してみて欲しい。
ヴォイド・ギア

ヴォイド・ギア

同人シューティングゲームのサントラ。音楽を元タイトーZUNTATAの渡部恭久(Yack.)が手がける。ゲーム本編からしてCD-ROMが出始めの頃の雰囲気を狙って作られているそうで、音楽もそれに答えてシンセの音作りも'80年代的なエッセンスがふんだんに盛り込まれている。本ブログでも入手時に考察しているのでそちらも参照されたし。

ヴォイド・ギア/渡部恭久 - 萌尽狼グ