萌尽狼グ

同人音楽サークルkaguyadepth代表、萌尽狼(もえつきろ)の個人ブログ

サイトロンレーベルG.S.M.1500シリーズのデザイン・レイアウトの変遷について

f:id:moetsukiro:20180718235018p:plain

7月8日から頒布開始したkaguyadepth 1st EP『Chikkutune 竹製楽器×チップチューン』では、音楽CDのみの特典として「I.G.S.M.300シリーズ」と銘打って、帯・バックインレイ・盤面デザインでサイトロンレーベルをオマージュしました。
東京は秋葉原のあきばお~こくとBEEP秋葉原、池袋のTOKYO FUTURE MUSIC、大阪は日本橋のゲーム探偵団に委託しています。それぞれ通販もありますので、ぜひ手にとってニンマリしてみてください。

CDの詳しい内容は特設サイトをご覧ください。
kaguyadepth.jp

G.S.M.1500シリーズでこのデザインのバックインレイは、1990年4月21日発売の『S.C.I.』から1992年10月21日発売の『フィグゼイト』まで全部で41枚ありますが、サイトロンレーベル十余年の歴史を振り返ると意外と短命だったことがわかります。1991年2月21日発売の『シャドウブレイン』から盤面デザインが変更されたため、盤面まで全く同じデザインの元ネタとなるとわずか19枚しかないのです。あれれ? ニンマリできる人、意外と限られてますね?

G.S.M.1500シリーズは初期のデザインを含めて、バックインレイのゲーム画面写真は2枚と決められていました。ところが、格闘ゲームブームになるとキャラクターの人数分、テーマ曲やボイスを収録するようになり、収録曲数やゲーム画面写真の枚数が増加。ゲーム内容に合わせてレイアウトを組む方向へとシフトしていきました。また、DTPへ移行しCGを多用したメタリックなデザインも多くなっていきました。

それではG.S.M.1500シリーズのデザイン・レイアウトの変遷について詳しく見ていきましょう。

①テンプレート1・レーベルA

f:id:moetsukiro:20180718234336p:plain
ジャケットは枠内にイラスト、左上にG.S.M.1500ロゴ、右上にメーカーロゴ、左下にポニーキャニオンサイトロンロゴを配置。
盤面デザインはサイトロンレーベル第1弾『ニンジャウォーリアーズ -G.S.M.TAITO 1-』から使われているものです(ただしG.S.M.初回盤はピクチャーレーベル多数)
私が持っていたのは17枚中『ヘラクレスの栄光Ⅱ』と例外の『テトリミックス』のみで馴染みがないのは仕方ないところです。

1989/9/21 PCCB-00001 ゼロウイング
1989/9/21 PCCB-00002 原始島
1989/9/21 PCCB-00003 天聖龍 SAINT DRAGON
1989/9/21 PCCB-00004 レジェンド・オブ・ヒーロー・トンマ
1989/9/21 PCCB-00005 マルサの女
1989/10/21 PCCB-00006 ドラゴンブリード
1989/10/21 PCCB-00007 鮫!鮫!鮫!
1989/10/21 PCCB-00008 ドンドコドン
1989/11/21 PCCB-00011 テトリミックス ※1
1989/11/21 PCCB-00012 クラックダウン・ゲイングランド
1989/11/21 PCCB-00013 ダートフォックス
1989/12/15 PCCB-00015 プラスアルファ
1989/12/15 PCCB-00016 スウィートホーム
1990/1/21 PCCB-00018 エリア88
1990/1/21 PCCB-00019 忍者くん 阿修羅の章
1990/2/21 PCCB-00020 アームドF・クレイジークライマー
1990/2/21 PCCB-00021 ヘラクレスの栄光 II ~タイタンの滅亡~

※1 インレイにゲーム画面写真が使われていません。

②テンプレート2a・レーベルA

f:id:moetsukiro:20180718234400p:plain
ジャケットは全面にイラスト、右上にG.S.M.1500ロゴ、その下にメーカーロゴ、左下にポニーキャニオンサイトロンロゴを配置。
kaguyadepthのI.G.S.M.300シリーズの元ネタは1990年4月21日から1991年1月21日までに発売されたわずか19枚しかありません。
ちなみにインレイの斜線は4本全て太さが0.5mmずつ異なります。長方形を組み合わせただけのシンプルなデザインですが、カメラの絞りのようにも見えて奥が深いです。

1990/4/21 PCCB-00024 S.C.I.
1990/4/21 PCCB-00025 エア・バスター
1990/5/21 PCCB-00026 マーベルランド ※2
1990/5/21 PCCB-00027 空牙
1990/5/21 PCCB-00028 ロッド・ランド
1990/6/21 PCCB-00032 アフターバーナー
1990/6/21 PCCB-00033 フラッシュポイントブロクシード
1990/6/21 PCCB-00034 レッドアリーマー 魔界村外伝
1990/7/21 PCCB-00036 ビーストバスターズ
1990/8/21 PCCB-00038 オメガファイター/アトミックロボキッド
1990/8/21 PCCB-00039 クルードバスター/ミッドナイト・レジスタンス
1990/9/21 PCCB-00041 タスクフォースハリアー
1990/10/21 PCCB-00043 キャメルトライ/カダッシュ
1990/10/21 PCCB-00044 アウトゾーン・スノーブラザーズ
1990/11/21 PCCB-00046 ザ・スーパースパイ/ニンジャコンバット
1990/12/5 PCCB-00047 雷電伝説
1990/12/15 PCCB-00048 ダークシール
1990/12/15 PCCB-00049 パウンド・フォー・パウンド/剣豪
1990/12/15 PCCB-00050 宇宙戦艦ゴモラ
1991/1/21 PCCB-00052 スペースガン/ミズバク大冒険

※2 インレイはゲーム内容に合わせたデザインになっています。

③テンプレート2a・レーベルB

f:id:moetsukiro:20180718234424p:plain
レーベルAは1月21日発売の『サウンドワールド オブ ポピュラス -G.S.M.イマジニア1-』まで。レーベルBは2月21日発売の『シャドウブレイン』から。

1991/3/21 PCCB-00057 コラムスコラムス
1991/3/21 PCCB-00058 E.D.F.
1991/4/21 PCCB-00060 ルナーク/ガンフロンティア
1991/4/21 PCCB-00061 エドワードランディ/スーパーバーガータイム
1991/5/21 PCCB-00062 ASOⅡ
1991/5/21 PCCB-00063 雷牙
1991/6/21 PCCB-00065 ダブルドラゴン3/ザ・コンバットライブズ
1991/8/21 PCCB-00067 ストライクファイター
1991/8/21 PCCB-00068 サンダーゾーン
1991/8/21 PCCB-00069 コットン

④テンプレート2b・レーベルB

f:id:moetsukiro:20180718234447p:plain
ジャケットからG.S.M.1500ロゴが消えました。ラインナップに名盤シリーズが加わり、タイトルによってロゴの配置が変化しています。
テンプレート2は1992年10月21日発売の『フィグゼイト』まで、41枚のCDで使われました。

1991/9/21 PCCB-00071 ヴィマナ/テキ・パキ
1991/9/21 PCCB-00072 キング・オブ・ザ・モンスターズ/クイズ大捜査線
1991/10/21 PCCB-00074 ニンジャウォーリアーズ
1991/11/21 PCCB-00076 クロスソード/戦国伝承
1991/12/15 PCCB-00078 デス ブレイド
1992/1/21 PCCB-00079 メタルブラック ※3
1992/2/21 PCCB-00081 アウトラン
1992/3/21 PCCB-00084 ウルフファング/タンブルポップ
1992/5/21 PCCB-00087 餓狼伝説/ラストリゾート
1992/6/19 PCCB-00089 ダークシール II ※4
1992/7/17 PCCB-00091 プリルラ ※5
1992/8/21 PCCB-00093 ダライアス
1992/9/18 PCCB-00094 達人王
1992/10/21 PCCB-00100 フィグゼイト

※3、※5 インレイはゲーム内容に合わせたデザインになっています。
※4 盤面の通常緑色の印刷が黄色になっています。

⑤テンプレート3・レーベルB

f:id:moetsukiro:20180718234512p:plain
格闘ゲームのみインレイの左右にゲーム画面写真を6枚配置したテンプレートを使用。残り半数のその他ジャンルはゲーム内容に合わせレイアウトが変化。

1992/11/20 PCCB-00101 龍虎の拳
1993/1/21 PCCB-00106 ワールドヒーローズ
1993/1/21 PCCB-00107 富士山バスター
1993/1/21 PCCB-00108 ソルダム ※6
1993/2/19 PCCB-00111 餓狼伝説2
1993/2/19 PCCB-00112 ビューポイント ※7
1993/2/19 PCCB-00113 ドギューン!! ※8
1993/3/19 PCCB-00117 ドラゴンガン ※9
1993/4/21 PCCB-00118 ソニックウイングス ※10
1993/5/21 PCCB-00120 ヴイ・ファイヴ ※11
1993/6/18 PCCB-00122 ワールドヒーローズ2
1993/6/18 PCCB-00123 ファイターズヒストリー
1993/7/21 PCCB-00131 グリッドシーカー ※12
1993/9/17 PCCB-00136 マッスルボマー

※6~12 インレイはゲーム内容に合わせたデザインになっています。

⑥テンプレート4・レーベルB

f:id:moetsukiro:20180718234531p:plain
ネオジオ2タイトルのみで使用されたG.S.M.1500シリーズ最後のテンプレート。インレイ右側にゲーム画面写真を4~5枚配置。

1993/9/17 PCCB-00134 ファイヤースープレックス
1993/9/17 PCCB-00135 サムライスピリッツ

⑦テンプレートなし・レーベルB

f:id:moetsukiro:20180718234554p:plain
格闘ゲームなど収録曲数の増加によりテンプレートがなくなり『餓狼伝説SPECIAL』以降はCDごとにデザイン・レイアウトが変化。

1993/10/21 PCCB-00138 餓狼伝説SPECIAL

(以下略)

※本稿はVGMdbをもとに作成しました。